インターネットラジオステーション<音泉>


ガラポン社の申込みフォームページへ移動します

製品の使い方や仕様はこちらでご覧ください!

キャンペーン概要

本ページより「ガラポンプレミアムプラス」にお申し込みいただくと、
月額料金が最大2ヶ月無料+抽選で対象番組サイン色紙をプレゼント!
またキャンペーン期間中は、各ラジオ内でパーソナリティ達のおすすめTV番組を紹介してるよ!
当選者の発表は商品の発送(7月中旬を予定)をもって代えさせていただきます。

【対象番組】

 

 

 

 

 

 

・松井恵理子のにじらじっ!

・だれ?らじ

・ゆみりと愛奈のモグモグ・コミュニケーションズ

・ほめられてのびるらじおZ

 

【キャンペーン期間】

2017年5月31日(金)まで

 

【注意事項】

既にガラポンプレミアムプラスをご契約中の方はプレゼント対象外です。

個人情報の取扱いについて

ガラポン株式会社の個人情報保護方針はこちらをご参照ください。

 

【提供】

ガラポン株式会社

 

【主催】

タブリエ・コミュニケーションズ株式会社

 

【問い合わせ先】

ガラポンTV購入相談窓口 TEL:050-3590-8639(受付時間:平日AM11時-13時、14時-18時)

問い合わせフォーム:https://garapontv.sakura.ne.jp/query/q_guest_lp.php

 

テレビ番組を全録してスマホやPCでどこでも視聴できる「ガラポンTV伍号機」を月額1250円(税込1350円)で利用できるサービス、「ガラポンTVプレミアムプラス」のご紹介です。
ワンセグ画質を採用しているので画質は期待できませんが、その分データ量が軽いので、安価に長期間録画し(1クール全アニメの全放送話保存可能)、スマホやPCでストリーミングでサクサク視聴できます。番組のダウンロード保存も高速。
本ページからの申込でこのガラポンTVが無料で最大2カ月試せて、色紙プレゼントもある。試すなら今。
(※解約時の端末の返送料のみお客様負担です。ご容赦ください。)

お申し込みの流れ

ガラポンTVの設置には地デジアンテナ(ケーブルTVやフレッツTVもOK)、インターネット回線が必要です。
設置に必要なアンテナ分配器、アンテナケーブル、LANケーブルは商品に含まれています。

「ガラポンプレミアムプラス」とは

プレミアムプラスの特長

初期費用0円、月額1250円(税込1350円)【月額料金2ヶ月分も無料】のガラポンTVプレミアムプラスに加入すると、追加費用負担なし(端末は無料)でガラポンTV伍号機がお客様の自宅に届き、ガラポンTVをご利用いただけるプランです。 「最低契約期間ナシ」なので無料でガラポンTVを利用できます。もちろん、2ヶ月以上継続して利用していただいてもOK(3ヶ月目以降は月額1250円(税込1350円)がかかります)。 プレミアムプラス契約期間中、万が一ガラポンTV端末が故障した際は、無制限で何回でも無償修理or交換品対応させていただきます。

地デジ最大8局を全録「ガラポンTV伍号機」

14日間の全TV番組(地デジ8チャンネル)を検索&視聴できる

・全録だから、放送後にネットで知った番組を確実に見られる。

・番組内まで検索できるからGoogleよりも面白い番組が発見できる。

 

\  ここがおすすめ/

テレビ業界では有名な商品で多くの芸能関係者が使っている人気の商品です。地デジ最大8局、14日間分のすべてのテレビ番組を自動で録画できます。
ジャンルごとに保存期間を設定できるので、アニメ以外の番組を1週間後に消す設定にすれば、1クールすべてのアニメ番組の全放送話を録りためることもできます。
番組をパソコンにダウンロード保存したり、外付けハードディスクを追加したりすれば、実質無限大に番組をコレクションできます。

 

ガラポンのある生活

タブレットPCやスマートフォンで

テレビ番組を見ながら家事や入浴。

 

就寝前にベットでお気に入りの番組を見る

テレビの前にいる必要がなく、好きな時にいつでもリラックスして好きな番組が観られます。

電車に乗っている時間が、テレビ番組を見る時間に。

満員電車のストレスもスマートフォンでテレビ番組を観ながらであれば、気が紛れます。

スマホへ番組をダウンロードしておけば、地下鉄で圏外たっだり、3G回線が不安定でも視聴中に途切れたりせず快適に視聴できます。

 

受賞・メディア掲載情報

CEATEC AWARD 2014受賞

ライフスタイルイノベーション部門 準グランプリ

様々なメディアで紹介されています

●MONOQLOに掲載

”全録×リモート視聴が超便利!3万円で最安最強のマイVOD!”と紹介されました。(ライター:熱田浩司氏)

●家電批評に掲載

”宅外視聴はスマホの全録時代に突入!録画番組を外出先で観る最強の方法はコレ!”と紹介されました。

●DIMEに掲載

”テレビ好きにとって「ガラポンTV四号機」のコンセプトは衝撃的”と紹介されました。(ライター:久村竜二氏)

●モノ・マガジンに掲載

”これからのテレビ録画のスタンダード。地上波放送のチェックは全録からのリモート視聴が当たり前になっていく”と紹介されました。(ライター:コヤマタカヒロ)

●MONOQLOに掲載

”通勤・通学時間の過ごし方が変わる一品”と紹介され”新製品評価=Aランク5つ☆”と評価されました。

●デジモノステーションに掲載

”テレビの楽しみ方が変わる!”、”ビジネスにも積極的に活用できそう”と紹介され”レビューアー評価 AA”と評価されました。(ライター:河原塚英信氏)

                        (2014年10月~2015年8月の掲載実績の一部)

ページの先頭へ